学校案内 NBLの特徴

4 Features

Feature 01  国際理解 Cross-Cultural Understanding

feature01-国際理解

社会のグローバル化で必要なことは、一つの価値観を押しつけるのではなく、「違い」を認め合い、共存することです。言語や、宗教、生活習慣など異なる文化を認め合い、向き合う力が求められています。世界24の国と地域から集まった学生が共に学び共に語らうNBLでは、グローバルに活躍するために必要な力が自然と育まれます。

Feature 02  語学力 Communication Skills

feature02-語学力

NBLの学びは、グループワークや問題解決学習といったアクティブラーニングを導入していることに加えて、多国籍な学生と交流する学校にいるすべての時間が自身の語学力を伸ばす場です。留学生であれば日本語能力試験(JLPT)N1の取得や、日本人では実用英語技能検定準1級の取得、TOEIC®Listening & Reading Testでは、入学時から100~200点のスコアを伸ばす学生もいます。

Feature 03  海外留学 Study Abroad

feature03-海外留学

NBLが所属するISIグループは留学事業でも長い歴史と実績を有しており、留学を希望するNBL生に対しては、プロの留学コンサルタントが一人ひとりの希望に沿ったご提案を行います。留学提携校は100を超える幅広い選択肢があり、留学前だけでなく、現地でも手厚いサポートを受けられるなど、安心して留学できる体制が整っています。

Feature 04  就職支援 Career Support

feature04-就職支援

学生一人ひとりが、強みを伸ばし、希望する世界へと力強く羽ばたくために、NBLでは数多くの就職セミナーや、ガイダンス、徹底した個別支援などを行っています。また、NBLには親身に相談できるキャリアアドバイザーがいます。教職員一丸となり卒業後の進路を支援しています。

数字で見るNBL

NBLってどんな学校?学生や施設、進学や就職など、気になるところを数字で見てみよう。

設立

2005 年4月

専門学校長野ビジネス外語カレッジ
長野県上田市に開校

2005年、世界に開かれた人材育成を目的とする専門学校として長野外語カレッジが開校しました。2015年のグローバルビジネス学科新設に伴い、2016年に校名を長野ビジネス外語カレッジに変更。校舎のリノベーションも実施して、最新設備の整う明るい学び舎となりました。

学生出身国・地域数

24 カ国と地域

世界各国からそれぞれの目標や希望を持って多くの留学生が集まります。ボーダーレスな環境で学び、グローバル感覚を養います。

【学生の出身国・地域】

イギリス・イタリア・ウズベキスタン・スウェーデン・スペイン・デンマーク・ドイツ・トルコ・スリランカ・タイ・ネパール・パキスタン・バングラディッシュ・フィリピン・ベトナム・日本・韓国・シンガポール・台湾・中国・モンゴル・アメリカ・ブラジル・メキシコ

学生数

346
※日本語学科、短期生を含む

長野県外からの入学者の割合

47

北は北海道から南は沖縄まで、長野県外の高校や日本語学校からの入学者も意外に多いNBLです。

開講科目

159 科目

英語ネイティブ講師授業率

60 %

実用英語からビジネス英語までネイティブ講師によるアクティブな授業で「使える」英語をたっぷり勉強します。

留学生数

326

留学生の割合

94 %

キャリアアドバイザー利用率

100

個人面談率

100

年間のイベント数

15

入学式  お花見  体育祭  宿泊研修  上田祇園祭  高校交流会  学生旅行  NBL祭  ハロウィン  書き初め大会  文化体験  課外活動  スピーチコンテスト  卒業プレゼンテーション  卒業式

英語ネイティブ講師授業率

60 %

実用英語からビジネス英語までネイティブ講師によるアクティブな授業で「使える」英語をたっぷり勉強します。

大学・大学院進学率

100 %
※進学希望者に対する割合

就職内定率

95 %
※就職希望者に対する割合

長野 55%  東京 20%  千葉 11%  大阪 4%  群馬 5%  その他 5%

就職関連のイベント数

【校内説明会】 20
 

【外部セミナー】 5
 

【インターンシップ】 5

※大学・大学院進学率、就職内定率は2017 年度見込、都道府県別就職先分布は2016 年度実績、その他は2017 年度実績。

もっと詳しくNBLを知りたい方は資料請求・オープンキャンパスにご参加ください