みなさんこんにちは。NBLの辻です。
オープンキャンパスへは毎回たくさんのご来校ありがとうございます♪

いよいよ8月ですね。長野県内では毎週末どこかでお祭りが開催されていて、夏らしい賑やかな雰囲気に包まれています。
今回は、NBLへお越しになる方から一番ご質問の多い「長期休みの過ごし方について」お話しします。

NBLは長期休みが2回あります。
夏は2カ月半。冬は1カ月。トータルにするとかなり長いお休みです。
実は!就活や、2年間のキャンパスライフを充実したものにするためには、この長期休みが最も大事なんです!!
就職や進学を希望通り叶えた先輩や、「2年間ほんとうに楽しかった」と卒業していく先輩はこの長期休みを有効に活用しています。

そんな彼らの長期休みの過ごし方・ベスト3をお伝えしたいと思います。

第3位:留学生とイベントを企画して遊ぶ
→ たくさんの外国籍の友だちに出会えるのがNBLの大きな魅力ですが、意外にもこの長期休みに留学生と交流を持つ日本人はまだ多くありません。
でも!彼らから学べることは、言葉では表せないほどたくさんあります。長期休みを使って、キャンプをしたり、料理を一緒に作ったり…。
NBLの環境を活かして国際交流をしてみてはいかがでしょうか。きっとかけがえのない経験と思い出になりますよ。



第2位:留学をする
→ 5月のGWや夏休みの最初の1カ月でアルバイトでお金をため、9月~10月前半までまるまる1カ月の短期留学。
これをするかしないかで、その後の1年半の学校生活や英語の授業への取り組み方ががらりと変わります。
NBLは学校法人です。本部に留学専門のコーディネーターがいます。予算や学びにあわせてベストな提案をしてくれます。
せっかく「長野県唯一の外語系専門学校」へ入学したからには、海外を生で感じるという機会をぜひ活用してください。



第1位:インターンシップをする/学校へ来て先生に課題をもらい勉強する
→ カタイ内容すぎてがっかりしたひともいるかもしれませんが(笑)これがやはり一番大事です。
夏休み中の学校はとても静か。でも、毎日学校は開放されていて、涼しい自習室や図書室で集中して勉強ができます。
語学はある程度の積み重ねがものをいいます。このお休みに、先生を独り占めするのも可能!来ないなんてもったいない!
そして、専門学校の2年間はあっという間です。2年になったらでは遅すぎます。1年生のうちからインターンシップやボランティアに参加して、自分の夢や目標へ着実に進んでいきましょう。


その他

日本語学科バス旅行報告
【講師コラム】自己PR編
AREC主催ダイバーシティ経営セミナー開催