NBL学生の声

社会人を経験して、NBLに入学。NBLに入って「見える世界が180度変わった」と実感する毎日です。

NBL学生の声

市川弘貴さん
(国際コミュニケーション学科 英語キャリアコース英語・中国語選択)

学校で学んでいること

私は今、英語・中国語選択で勉強しています。
どちらも話せるように・使えるようになるように学ぶことがメインですが、言語以外の文化や習慣なども授業のなかに盛り込まれているので、とても勉強になります。
英語のクラスは日本人と留学生がともに学ぶものもあります。
ペアワークでは留学生と組むこともあり、学びの幅が広がります。
中国語について、私は0からのスタートですので、入学したときは中国語の本を見てもさっぱり、何もわかりませんでした。中国語のクラスはネイティブの先生が教えてくれます。入学から3か月、発音の練習や文法など、授業ではインプットとアウトプットのバランスが良く、文字列をみたらわかるようになったり、自己紹介もできるようになりました。
中国語の本もなんとなくではあるけれど、わかるようになり、わかることが楽しい!と感じています。
中国語のクラスには親が中国籍で既に会話ができる学生もいます。入学当初はレベルの差を感じていたけれど、その差を早く埋めたいとも思うし、できる仲間から教わりたいと思えるようになり、日々勉強に励んでいます。

学校生活

楽しい時間はあっという間、とよく言いますが、私の場合は一日一日がとても充実しているので、長く感じます。
学校のロビーでは留学生と話をしたり、中国の友達が本場の食べ物を食べさせてくれたり、もちろん学校外でも留学生・日本人の仲間とかかわる時間がとても多く、授業以外のところでもとても充実した毎日です。

美ヶ原高原まで朝日を見に行ったのも良い思い出です。
入学前は外国人とかかわることもなく、はじめは留学生がキャンパス内にいることが不思議でしたが、3ヵ月たつとコミュニケーションをとることも一緒に学ぶことも日常になりました。

NBL学生の声

お気に入りの授業

1つ目は、PCの授業です。ワード・エクセルなどの基本操作をメインに学んでいます。
先生の授業はわかりやすく、楽しく学んでいます。

2つ目は、英語の授業です。
イギリス出身のウォード先生の授業はとてもわかりやすいです。
先生は、授業中もひとりひとりを見てくれていて、基礎を固めてくれています。

NBLを選んだ理由

私は、工業高校出身で高校卒業後、就職しました。
毎日、機械と向き合う日々で他にも原因はありますが、入社して半年後には休職し、その後退職しました。
休職中は人とかかわることもコミュニケーションをとることも一切なく、過ごしていました。そんなどん底だった時、もう一度好きなことを学びたいと思い、探していた学びの一つのが「語学」でした。

NBLは長野県唯一の語学の専門学校で、校内留学・グローバルな環境であることに魅かれました。コミュニケーションをとりたい、現状を打破したいと思いながらNBLのオープンキャンパスに参加しました。一目ぼれに近い感じですね、ここだ、と思いました。
授業見学やNBL祭など、出願前に計4回NBLに足を運びました。両親も一緒に参加した日もあり、語学はこれから必ず役に立つ学びであり、なにより私がやりたいと思ったことを尊重し応援・後押しをしてくれました。

入学を検討している皆さんへメッセージ

私はNBLに入学して180度、自分のいる(みる)世界が変わりました。
NBLでは、語学を学ぶだけではなく新しいことをみつけたい、グローバルにみえる世界を広げたいという方にもおすすめです。
今の自分には想像できないエキサイティングな毎日を過ごせます。

※2018年7月時点の内容です。

その他

NBL-夏のオープンキャンパス報告
夏のオープンキャンパス開催報告
NBL-和太鼓鑑賞体験とかき氷パーティが行われました。
和太鼓鑑賞体験とかき氷パーティが行われました。
NBL-学校では教えてくれない英語の勉強法!?「使える英語 学習法ワークショップ」開催
学校では教えてくれない英語の勉強法!?「使える英語 学習法ワークショップ」開催しました。