専門学校卒業後の進路選択-中国留学

NBLから中国有名大学へ留学

日本では昔も今も中国に理解があり、中国語を話せる人材が求められています。日本と中国の政治的な関係は常に揺れ動いていますが、お隣の国であり、ビジネスや文化において、惹かれあっていることは変わりません。海外企業の進出に伴い、中国の国際化は加速を続けています。生活レベルも格段にアップし、食も生活文化も欧米に類似しているので、日本人にとっても暮らしやすい環境です。

NBL-卒業後の進路は中国留学

世界中から留学生が集まり政治経済の中心都市である北京

NBL-卒業後の進路は中国留学

次々に高層ビルが建設され人も車も増え続ける活気あふれる上海

NBL-卒業後の進路は中国留学

中国のシリコンバレーと呼ばれキャッシュレス社会に注目が集まっている深セン

NBL卒業後に中国の大学へ編入

NBLの英語キャリアコース(英語・中国語選択)で学んだ学生は、中国語スキルをさらに上達させるため、中国の大学へ編入することも卒業後の選択肢の1つです。上級レベルの時事中国語、貿易中国語、ビジネスレターなど実社会で役立つ専門スキルを修得することができます。中国語のレベル次第で、4年かからずに大学を卒業することも可能です。

編入制度のある中国大学(一例)

○ 北京語言大学
○ 北京語言大学東京校
○ 上海外国語大学
○ 華東師範大学 等

NBL-中国留学編入制度のある大学(一例)

中国大学へ編入するために必要な語学力

英語のTOEICやTOEFLのように、中国語にはHSKというテストがあります。中国語を母国語としない人々の中国語能力を測定する中国政府が公認する中国語の資格試験です。6段階のレベル(1~6級)に分かれ、試験結果はスコア(点数)で表記されます。各級、ヒアリングと読解・書写の筆記試験で構成されています。中国の大学へ編入するにはHSK4級以上のスコアが必要といわれています。この試験の高得点者には、中国の大学へ編入する道が開けます。
※編入資格・HSK条件等は大学によって異なり、また予告なく変更される可能性があります。

費用について

年間総額は日本の私立大学へ行った場合と同程度

総額150万円前後

NBL-費用について

※留学中の主な費用内訳

滞在先について

寮またはシェアアパート

中国の大学に留学した場合、キャンパス内の寮に滞在するのが一般的です。色々な国の留学生とともに生活することは刺激的であり、グローバルな感覚を養ってくれます。
学生同士でアパートを借りて部屋をシェアすることも一般的になってきました。中国での生活に慣れてくると、より費用を抑えられるシェアアパートに引っ越す学生も多いです。

NBL-滞在先について

[無料説明会]長野発!中国語の魅力と中国留学説明会 ~中国語を学ぶ意義と拓かれる未来~

この説明会は、日本にいてはなかなか掴みきれない中国のいま、中国と日本・世界との関わりを分かりやすくご紹介し、これからの時代に必要な“中国語”を学ぶ意義や“中国留学”の魅力を存分に感じていただきます。「進路選択をする上での参考にしたい」、「将来、中国語を武器にしたい」という方、お気軽にご参加ください。

日時:10月13日(土)15:00~16:30 ※14:30受付開始
対象:進路を考えている学生、保護者、先生

NBL-中国語と中国留学

【スピーカー】
北京語言大学東京校
入試広報センター長 楠田法隆
大手予備校を退職後、北京語言大学に留学。日本国内大学との“違い”に気づく。帰国後、中国での体験を日本国内の学生に伝えるため、全国の高校での講演活動や中国研修プログラム企画・引率など多方面で活躍。これまでに数多くの日本人学生の中国留学を斡旋し、日中の懸け橋となる人材育成に奮闘。