一般試験入学

出願資格

心身共に健康であり、以下A〜Eのいずれかに該当すること。

A. 2018年3月に高等学校・中等教育学校・高等専修学校卒業見込み、もしくは既卒者

B. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格(見込)者

C. 文部科学大臣の行う大学入学資格試験合格者

D. 外国において通常の過程による12年の学校教育の修了(見込)者

E. 18歳以上(2018年4月2日現在)で、高等学校を卒業した者に準ずる学力があると、本学校長から認められる方

※大学・短大との併願制度を利用できます。

対象学科 全コース
選考方法 書類選考、面接(日本語・簡単な英会話力確認)
出願書類 ① 入学願書(所定用紙)

② 誓約書(所定用紙)

③ 下記a~eの該当するいずれかの書類

a. 高等学校卒業(見込)者:調査書(厳封されたもの。卒業見込者は発行より3カ月以内のもの)

b. 大学・短大・専門学校卒業(見込)者:成績証明書(厳封されたもの。入学/卒業(見込)年月の記載がない場合は卒業(見込)証明書も提出。卒業見込者は発行より3カ月以内のもの)

c. 高等学校卒業程度認定試験合格(見込)者:合格成績証明書または合格見込書(厳封されたもの)

d. 大学入学資格試験合格者:合格成績証明書(厳封されたもの)

e. 海外の学校卒業者:海外出身校の卒業証明書(原本)または卒業証書コピーおよび成績証明書(原本)

※書類が日本語・英語・中国語以外で発行されている場合は、日本語の翻訳を添付してください。

④ 大学・短大等の中退者(中途予定者)は、同校の在籍期間証明書、成績証明書(単位取得の証明)

⑤ 写真2枚(タテ4cm×ヨコ3cm)※入学願書貼付のものを除く。

⑥ 選考料振込依頼書の控え(コピー)

併願制度 一般試験11期までの受験者(高校卒業見込者は5期〜11期)は、大学・短大との併願制度を利用できます。併願制度とは、入学金のみを納入することで、2018年3月15日(木)まで学籍を確保することができる制度です。

希望者は、出願時に出願書類(入学願書)の所定位置にチェックを入れてください。※出願後の変更はできませんので、ご注意ください。

合格の場合、合否通知後10日以内に入学金を納入してください。入学する場合は、学費を併願制度利用者の入学手続締切日(最長で3月15日)までに納入することで入学手続きが完了します。なお、一旦納入された入学金は返還いたしませんので予めご了承ください。

2018年度募集要項ダウンロード