先日、グローバルビジネスコース卒業生の職場にお邪魔してきました!

佐々木さんは今年TBLを卒業し、4月からグローバル人材教育に関わる企業・で働いています。
そんな彼女にお仕事やTBLでの生活についてインタビューをしてきたので、ご紹介したいと思います。

 

TBLに入学した動機は?

もともと人とコミュニケーションをとることが大好きだったのですが、中学1年の時に仲が良かった友人の影響もあり、英語を聞くことやハリウッドスターに興味をもちました。そして、いつかは世界共通語である英語を使って世界中の人とコミュニケーションをとりたいと強く思うようになり、留学生の生徒数が多いTBLであれば、国際交流を望んでいた私に合っていると考えたのがきっかけです。

 

今はどんな仕事をしていますか?
企業の研修事業や留学事業、翻訳事業、コンサルティング事業などの教育ソリューション事業を手がける企業で、英会話事業の部門で働いています。
主に、英会話事業運営に欠かせないお客様対応や英会話レッスンの日程管理、講師の方々の勤怠管理などの担当をしています。

 

TBLで学んだことを仕事にどのように生かしていますか?
TBLの授業や留学で身につけた英語力は、日々講師の方々とのやりとりで活用しています。また、経営戦略を学んだことは、競争率の高い英会話事業でどのような運営サービスをしていくのがよいのか考えること際に役に立っています。留学の経験は、生徒様目線で英語を学ぶことへの不安や悩みを考えることで、よりよいサービスを提案できることにも繋がっているのではないかと思います。
今回、佐々木さんとお話ししてみて、TBLや留学で学んだことを積極的に仕事に生かし、働くことを楽しんでいる様子がひしひしと伝わってきました。

 

ちなみに、佐々木さんは、将来はより多くの人々に日本のことを知ってもらえるように日本の文化や物事を世界に発信できるような人材になりたいそうです。そのために、もっと日本の良さを知ると同時に、日々世界への目を光らせていこうと思います、とのことでした。ぜひ夢を実現して欲しいですね。

余談ですが、佐々木さんによると、TBLは縦のつながりが強いのだそうです。卒業後も同学年だけでなく、1学年下、2学年下の学生たちと飲みに行ったりすることもあるそう。こういう縦のつながりってなかなかないですよね。ぜひこれからも横のつながりだけではないTBLのネットワークが広がっていって欲しいなと思いました!

その他

~活躍する卒業生~TBLで身につけたチャレンジ精神を仕事に生かしてます!~
新入生突撃インタビュー!!
国際コミュニケーション学科 大学・大学院進学コース 劉 正銘さん