TBLでは、5/24にバス旅行を実施しました。

このバス旅行は全校参加で、毎年実施されているのですが、毎年異なるテーマで、行き先も様々です。
ちなみに、昨年は千葉県の三井アウトレットパーク木更津とマザー牧場へ行ってきました。(2017年TBLバス旅行はこちら


今年の行き先は、というと、群馬県にある富岡製糸場と群馬サファリパーク。
富岡製糸場(Tomioka Silk Mill)と言えば、日本で最初に作られた官営模範製糸場で、世界遺産・国宝に指定されています。日本の産業発展に大きく貢献した場所でもあり、歴史の教科書にもよく出てくるので、知っているかたも多いのでは?

でも、日本で最初の製糸場がなぜ富岡に作られたのかという理由を考えたことありますか?
実は富岡は養蚕が盛んだった(生糸を作るためには蚕が作る繭が必要)、広い土地を確保できる、水を確保できる、などのいくつかの理由により、この地が選ばれたのだとか。

他方、群馬サファリパークは広大な山岳地帯に作られ、自然に近い環境に放し飼いにされた様々な動物を車の中から身近に見学できるのが魅力。また、日本で唯一スマトラ象を飼育しているサファリパークだそうです。

歴史的な工場と、サファリパークという全く異なるタイプの施設ですが、今やどちらも観光名所として大きな役割を果たしており、製糸場内・パーク内では多くの観光客を呼び込むため、様々な取り組みがなされています。

今回のバス旅行の目的の一つは、そこに施設が作られたいきさつや、意義、観光客を惹きつけるためにできることなどを考えてもらうことでしたが、TBL生のみなさんそれぞれの観光施設を楽しみながらも、様々な気づきがあったのではないかと思います。

そしてまた、普段はなかなかできない、「クラスを超えた交流」という2つ目の目的も果たせたのではないかな、と思っています!(写真からも仲睦まじい様子が伝わってきませんか?)

毎年雨模様のバス旅行ですが、今年は強力な晴れ女/男がいたらしく、絶好のバス旅行日和となり、みんな大いに楽しんでくれたようです!

ちなみに、富岡製糸場も群馬サファリパークもHP内に英語のページがあるので、「おもしろそう!」と思った方は、英語のページを見てみると、ちょっとした英語の勉強になるかもしれませんね!

その他

英語キャリアコース~英語で実践!校外授業~
5/27 OC 英語体験授業~TBLのアクティブな授業を体験!~
【Pick Up 授業】グローバルビジネスコース~プロジェクト研究~