Griffith University説明会~TBLから大学編入<オーストラリア編>~

本日オーストラリアより、提携校のGriffith University(グリフィス大学)スタッフ、Ziyad Alwan氏が来校してくださいました。

前回8月に引き続き、2回目の来校。今回は、在校生を対象に大学説明会をしてくださいました。
ちなみに、Ziadさんは自身もGriffith Universityを卒業されている、まさにGriffith通!ということで、ご自身の経験も踏まえて、Griffith Universityの魅力を語ってくださいました。


Ziadさんによると。Griffith Universityは総合大学で、約50,000人の学生が学ぶ比較的大きな大学ですが、学生の満足度が非常に高く、なんとオーストラリアでトップ2なのだそうです!学生数が多ければ多いほど、みんなを満足させるというのはなかなか難しいと思いますが、Griffith Universityが高い満足度を誇っているのは、きっと大学そしてスタッフが力を注いでいる結果なのでしょうね。

他にもGriffith Universityの特徴として、産業界とのつながりが深いという点があります。この太いパイプのおかげで、インターンシップ、就職、アルバイトの機会も豊富なのだとか。一般的に、アルバイトは、飲食店でしているケースが多いですが、Griffith Universityの場合はアルバイトを紹介する専門の部署があり、そこが自分の専攻科目と関連するアルバイトを紹介してくれるとのこと。そのため、将来につながるアルバイトを探すことができるのだそうです。


ちなみに、Griffith Universityのあるクイーンズランドは、シドニーやメルボルンなどと比べると物価が比較的安いそうで、留学生活を送るにはおススメなのだそうですよ!

今回、Ziadさんからメッセージもいただきました。せっかくなのでご紹介したいと思います!

“グリフィス大学は世界トップ2%に入る優れた大学です。研究面・教授面のいずれにも高い評価を受けており、現在ブリスベンやゴールドコーストを含めた5つのキャンパスで約5万人の学生たちが学んでいます。学べる分野も多様で、200以上のコースが開講されており、その多くは、国際化を視野に入れ、キャリアへとつながるよう設計されています。グリフィス大学では、みなさんの留学生活が実り多いものとなるよう、学生を学習面、生活面の両面から支えていますので、安心して学ぶことができます。大学のあるクイーンズランド州南東部は、気候も穏やかで、暮らし安い環境も自慢の一つです。ぜひグリフィス大学で一緒にあなたの夢を実現させませんか?”

なお、Griffith大学については前回来日時の様子もご紹介しているので、よろしければご覧くださいね!
「広がる海外留学ネットワーク~グリフィス大学~」
 

その他

【留学通信】ハンガリー留学ってどんな感じなの?
11/10 世界のことばパーティ in 池袋 第5回が開催されました
10/27 TBLスペシャルオープンキャンパス~ハロウィンイベント開催~