TBLの語学教育

十分なコミュニケーション能力を持ったグローバル人材育成のために、TBLでは語学教育に注力しています。
各コース毎の語学レベルの目標と指導方針を定め、実用的なコミュニケーションスキルの獲得のために丁寧に指導していきます。

英語教育

TBLの英語授業は各コースの目的に合わせ、社会人としてすぐに使える英語教育を行っています。実際に使える英語を身につけるにはとにかく英語になれることと使うこと。TBLの英語科目でのネイティブ講師の割合は8割を超え、授業に参加するだけで英語に慣れるカリキュラムです。

▼ コースごとの英語カリキュラム紹介

グローバルビジネスコース・英語キャリアコース ビジネス英語を学びます。また、すべての人の英語力向上の指針になる、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであるTOEIC®の対策をします。従来のListening とReadingのテストに加え、SpeakingとWritingテストについても準備します。
日中医療通訳コース 医療英語を学びます。1年生ではやさしい医療英語入門のテキストを用いて、語彙・リスニング・リーディング・ライティングの各スキルをバランスよく学び、実務に役立つ総合的な英語力を身に付けることを目指します。2年生も医療従事者用の教材で、職務上必要な英語をネイティブ講師から学びます。
大学進学コース 受験の際TOEIC®やTOEFL®のスコアが必要な大学もあります。授業では主にTOEIC® Listening & Readingの対策をしながら、英語の語彙・フレーズ・文法・リスニング・リーディングを伸ばしていきます。

英語ペラペラになりましょう !

みなさんは中学・高校で英語を学んで使えるようになりましたか?
ほとんどの方は『No』とおっしゃると思います。何故か。答えは簡単です。使わないですむからです。
あまり使わないことを習っても身につきませんよね?
TBLでは大丈夫。先生もクラスメイトも外国人だから、使わざるを得ないのです。 この環境を100%生かして充実した学生生活を送っていただけるよう、お手伝いをしています。
英語のことは何でも聞いてくださいね!

佐藤 和子 先生

■ ビジネス英語/医療英語 担当

コミュニケーション教育

社会に出て働くにあたって、適切な敬語表現・日本語表現を理解することや、論理的に自分の意見を組み立て、伝わるように表現する力は大切です。このようなコミュニケーション力を高めるために、コミュニケーション授業を行っています。

表現研究・文書理解

コミュニケーション力=正しい相互理解力
コミュニケーション力には、話し言葉によるもの、書き言葉によるもの、ノンバーバルコミュニケーションによるもの、様々なものがあります。TBLの授業では、場面や状況に応じた正しい伝え方を学び、実践できる力を養います。例えば、ビジネスレター・ビジネスメールの正しい書き方や表現方法、チームビルディングに必要な相互理解、社会人としてのビジネスマナーにも通じる適切な敬語表現など、TPOに応じて自信を持って応対できるよう、学びます。

日本語教育(外国籍の方対象)

次のステップに進むために必要な「資格」と総合的な「日本語力」を身につける
日本語能力試験やビジネス日本語検定、あるいは日本留学試験対策はもちろん、それらの日本語資格を生かして次のステップに着実につなげることがTBLで学ぶ皆さんの目標です。それぞれの目標とする語学レベルを達成するために丁寧に指導します。

▼ コースごとの日本語カリキュラム紹介

グローバルビジネスコース・英語キャリアコース 入学後にクラス分けを行い、自分の日本語力に合わせた授業を受けることができます。日本語能力試験に合格するため、定期的な模擬試験で自分の成長を確認しながら、項目別に試験対策を行います。日本人学生とN1合格者は、一緒にコミュニケーションの授業を受け、ビジネスの場面でも通用し、より伝わる表現を学びます。
日中医療通訳コース 入学時点で最低でもN2相当の日本語力が必要となります。難解な医療知識を学ぶのに必要とされる日本語をマスターするため、N1合格のための試験対策を徹底的に行い、様々な人と接する医療現場で困らない会話力と表現力を身につけます。
大学進学コース 入学後すぐに進路面談を行い、学習方法や学習内容を指導します。その後、6月の留学試験に備えてEJU対策授業を行うとともに400~500字前後の小論文にまとめる記述力と論理的な思考力を育成します。また、面接対策としてプレゼンテーション力と表現力指導も行います。

「目的」ではなく「道具」としての日本語を。

TBLでは、日本社会で活躍するために必要な実践的な日本語力を育成します。
実践的な日本語力というのは、日本語で考え、日本語で表現し、日本語で伝える力です。
将来日本の会社で働いたり、自分の意見を正確に説明するとき、相手の立場に応じた言葉の使い分けや、日本人の考え方の理解、日本文化に関する知識が必要となります。これらを、ニュースや新聞、小説など生の日本語教材から直に学び、日本語力に合わせた適切な教材でブラッシュアップしていきます。日本語能力試験(JLPT)や日本留学試験(EJU)、ビジネス日本語検定(BJT)対策を行いながら、経験豊かな講師がサポートします。
日本語力を証明するこれらの資格と、日本人に負けない日本語力をTBLで身につけ日本へそして世界へ羽ばたいてください。

青木 菜穂子 先生

■ 文書理解/表現研究 担当