海外大学編入・学士号取得プログラム「2+2プログラム」 2017-08-15T02:13:09+00:00

専門学校から、海外大学の学位を取得

TBL(東京ビジネス外語カレッジ)は、独自のグローバル環境をもとにTBLの特長を組み込んだ「海外大学編入・学士号取得プログラム」、通称「2+2プログラム」を持つ日本でも数少ない専門学校です。

  • 海外の提携大学とカリキュラムの共通化し、提携海外大学での単位認定可能
  • 海外大学の単位の一部を、留学準備をしながら日本で取得
  • 専門士と学士号をダブル取得

これまでの進路選択

  • 国内大学では、英語習得に不安
  • 語学留学は、学歴にはならない
  • サンドイッチ留学は、休学期間が入り、卒業が延びる
  • 海外大学に直接進学は、留学期間が長く経済的負担が大きい
海外大学編入のメリット

TBLの大学編入なら!

  • TBLの2年間で専門士、海外大学2年間で学士号取得
  • TBLの2年間で英語・異文化対応力を身につける
  • 留学期間短縮で、留学費用軽減
オープンキャンパス
資料請求

[2+2]コース
専門士+学士号取得

TBLに2年間
海外大学に2年間
⇒ ビジネス学士号を取得

TOP-UP コース
ダブルディプロマ+学士号取得

TBLに2年間(内1年間は提携校)
海外大学に1年間
⇒ 最短3年間でビジネス学士号取得

欧米では2年制のカレッジで専門領域の知識を充実させたあと、さらに学習を深めるために大学に編入するという編入制度が一般的です。それぞれに目標とする学習ステージにあわせた教育を選ぶ、非常に合理的なシステムです。日本にはまだ数少ないこのグローバルスタンダードな進学・学位取得のシステムを、日本の専門学校から海外大学への編入という形で実現させるのが、TBLの「2+2」コースです。

TBLからグローバル先進国シンガポールMDIS、そしてさらにMDISからの大学提携により実現した、最短3年で学士号が取れるコースです。学士号コースの受講場所はイギリス本校とサテライト校シンガポールMDISから選ぶことができます。

留学体験者の声

TOP-UPコース留学経験者 寺崎 勇人さん

私は大学を中退してTBLに入学しました。その決断をしたきっかけは、グローバル人材の不足についての講演を聞き、自分が日本のグローバル化を背負って立つ一員になりたいと強く思ったからです。日本の大学で4年間勉強して多くの人と同じ就職活動をするよりも、1年目は日本で留学生と学び、2年目はさらに英語力をつけ、3年目自分が留学生として成長著しいアジアで勉強する、TOP-UPコースで学ぶことが、グローバル人材になるための近道だと判断し留学しました。

留学中には必ず人との出会いや新しい発見があり、それらが自分を変えていきます。
海外に出る前は、色々な不安も多いでしょう。でも自分が動かなければ、何も変わらない。留学は自分と向き合う最高の機会です。自分を強く持って、自信を持って、ぜひ挑戦してください。

~ オープンキャンパスでTBLをもっと知ろう!~

全コース・クラス説明・学校についての説明をいたします。
また、既存の日本の教育システムの枠を越え、日本の専門学校で取得する単位を海外大学で認定する画期的なTBLの正規留学プログラム(海外大学への編入)についても詳しくお話しします。

オープンキャンパスについてもっと見る
日時
内容
2017年9月7日(木)13 : 00 ~ 15 : 30
留学説明会
2017年9月16日(土)13 : 00 ~ 15 : 30
[進路を考えるワークショップ] 様々な国の仲間と考える、将来の夢の見つけ方
2017年10月1日(日)13 : 00 ~ 15 : 30
留学説明会
2017年10月14日(土)13 : 00 ~ 15 : 30
[国際交流ワークショップ] 英語で日本を説明してみよう!
2017年10月28日(土)13 : 00 ~ 15 : 30
[国際交流ワークショップ] いろいろな国の学生と英語で話そう!
オープンキャンパス
資料請求