みんな日本語うまい!スピーチコンテストを実施しました


2/14(木)上田市勤労福祉センターの大会場で、NBL日本語学科のスピーチコンテストを実施しました。

日本語学科の学生にとっては1か月前から準備をはじめる年に一度のビッグイベント。在校生全員がクラス内でスピーチを行い、各クラスから代表に選ばれた14名だけが壇上にあがれます。出たくても出られない学生もいたとか。
観客席には日本語学科の在校生約200人!各クラスの代表者を応援しました。壇上に自分と同じ国出身のプレゼンターが立った時の喝采もすごいです。
こんな観衆の前で母語でもない日本語でスピーチするわけですから、緊張しないわけはないです。
司会の池田先生は、やさしくプレゼンターに声をかけてくれますが、、

自分の出番を待つプレゼンター達の表情は硬いです。。

しかし一度壇上にたつと、皆すばらしいスピーチをしていました。内容もバラエティ豊かで、たとえば・・・

のび太君から学んだこと(ベトナム)
スリランカの窓のない電車(スリランカ)
外国人が驚く日本のグッズの多さ(ベルギー)
日本のすぐれた防災への意識(台湾)

など、多くは外国から日本へ来た人ならではの視点で話をしてくれます。

審査は先生方が行います。

盾や景品もあります。

そして見事「校長賞」に輝いたのはベトナムの学生でした。おめでとうございます!

その他

運動できる人もできない人も楽しい!体育祭を実施しました
留学生はドッジボール初体験!?新入生オリエンテーション研修を行いました
お昼に中国語ランチ会