NBL生のマレーシア留学レポート(帰国後)

国際コミュニケーション学科1年 

塩川美玖さん(小諸商業高校 出身)

留学先:マレーシア クアラルンプール APLC

期間:8/25~ 4週間

▼マレーシアに留学した理由
NBLに入学したら長期休みに留学をする事は決めていました。初めての海外留学だったので地域を選ぶのにとても迷いました。マレーシアを勧めてくれた宮崎先生には入学の時からお世話になっていたので、信頼がありました。物価が安い、治安がいい、多民族国家な所も決め手となり、マレーシアに決めました。

▼苦手な文法
マレーシアに行く前は自分の英語力をあげることが目標でした。そして初日に行われたクラス分けテストで自分に必要なこと、目標として取り組むことが何かハッキリしました。英語でコミュニケーションを取ることは出来ますが、自分にとって「文法」が難しかったのです。テストや書くことで結果を出すことができませんでした。

▼達成度100%
授業ではspeaking、writing、listening、grammarに加え2回のプレゼンテーションがありました。初めて英語でプレゼンテーションを行いました。楽しかったです。自分の思いを言葉にして伝えることが好きだからです。(1回目は凄い緊張しました笑笑)

自分の目標に向かって1カ月間取り組むことが出来たから、達成度100%です。発音、コミュニケーションを取ることはマレーシアに来る前より上がりました。文法を学ぶことはこれからの目標として続けていく大切なことになりました。

▼異文化の壁
学校に行く事は楽しみでした。私のクラスは、少人数ですが、中国人、韓国人、ロシア人、オマン人と多国籍でした。先生もとてもいい人。みんな個性が強くて刺激的でした。

レベル1はグループ学習が多く、ディスカッションをたくさんしました。その中で伝わらなかったり、言語の壁がありますが、そこでつまずいてもお互いに理解し合うことや、聞くことを大切にすることで、壁は感じにくくなります。そうして私達は面白い英語も混じりながらも、楽しく一緒に過ごすことができました。

▼たくさん勉強した
クラスのレベルによって授業の時間帯が違いました。私の場合レベル1だったので、朝8:45~13:00(休憩挟んで4時間ほど)放課後は沢山時間があるので、友人と過ごしたり、寮に戻って5時間勉強したり。自分のご褒美として大好きなタピオカを毎日飲んでいました。

学校は週に4日。週末は観光地を訪れたり、プレゼンテーションを作ったり、のんびりしたり、寮にプールがあったので泳いだりと自分のペースで楽しく過ごしました。

▼印象に残っていることは?
たくさんあります!現地の人が心優しくて想像以上にフレンドリーだったこと。自分にとって居心地がとても良かったこと。現金をおろすためのカードが使えなかったこと。問題は解決する事が出来て良かったですが。蜘蛛は見かけなかったけどアリが沢山いたこと。食べ物が美味しかったこと。太るかなと思っていましたが、逆に痩せました。Grabというタクシーがとても便利だったこと。

▼マレーシア留学、おすすめ?
マレーシア留学は100%おススメです!新しい出会いが沢山あります。自分にもっと自信がつきました。とても刺激的で楽しくて、新しい発見が沢山出来たからです。

物価が安いのでお金があまりかからないし、現地の人も陽気ですし、食べ物も観光地も楽しみがいっぱい詰まってました。先生も分かりやすく丁寧に教えてくれますし、困った時も助けてくれましたし、私の意見も大切にして聞いてくれました。自分のペースで学習できる環境があるので、ストレスなく過ごす事が出来ました。初めて海外留学でこんなに満足出来るとは思いませんでした。私はもう一度行きたいし、1カ月じゃ足りないと思いました。もっと居たかったです。

▼これからのこと
文法の学習に力を入れます。学校以外での勉強する時間を増やします。テストなどの結果を出せるようにします。英語の発音を綺麗にします。申込した英語検定を取ります。また留学に行きます!

その他

長野の過疎地を村おこし!グローバルビジネス鬼無里プロジェクト フィールドワーク
上田東高校 英語班と英語交流会
今年も楽しかったNBL Festival(学園祭)