今年も楽しかったNBL Festival(学園祭)

2019年11月29日(金)上田市中央公民館で今年もNBL Festivalを実施しました。学生と先生が歌やダンスを披露する、ステージ発表会です。

司会は日本人とベトナム人の在校生。全員1年生ではじめてのNBL Festivalでしたが、、

今年も須坂から和太鼓のチームが来てくれました。2年生の佐藤桃華さんもチームの一員。太鼓をたたき始めると別人になったように力強い演技を聞かせてくれました。

強烈な和太鼓の演奏でスタートしたかと思えば、次は日本語学科の先生たちによる「大きなかぶ」。癒しの演劇。

英語と中国語を勉強している日本人1年生チームのダンス。

生演奏とダンスの「パプリカ」は、多国籍チーム。

スリランカのダンス。

スリランカの男子生徒が女装してのパフォーマンスもありました。

スリランカのバンドメンバー。エキゾチックな音楽を聞かせてくれました。

日本語学科のベトナム人のダンス。

今年は「チャンバラ王決定戦」という企画もありました。こちらは予選。

日越通訳1年生チームのダンスと歌。

日本語学科に入学したばかりの中国人学生が日本語で歌を歌ってくれたり。

前日誕生日の堀内先生にサプライズで学生がケーキを渡したり。

グローバルビジネス1年生チーム。準備ではなかなか話がまとまらなかったようですが、仲はよさそう。

ウズベキスタンの1年生は1人でダンスを披露してくれました。

ネパールのダンス。バングラディシュの学生が1人混じっています。

チャンバラ王決定戦の決勝。佐藤先生が見事優勝しました。

今年もきらびやかだった民族衣装のファッションショー。

衣装はみんな国から持ってきたり、送ってもらったりしているそうです。アイデンティティの表現手段。

今年は司会のトークが軽妙で、全体が1つのショーとしてまとまっていました。

毎年そうですが、NBLの学園祭は本当によく盛り上がります。多国籍ならではの楽しみです。

その他

長野の過疎地を村おこし!グローバルビジネス鬼無里プロジェクト フィールドワーク
上田東高校 英語班と英語交流会
異文化理解の授業で オリジナルクリスマスカードを作りました