日本語学科でゲーム大会をしました

7月21日(水)、日本語学科の課外活動でゲーム大会をしました。

学生は6人ずつ5つのチームにわかれ、ゲーム開始。

まだ日本に入国できていないオンラインで学ぶ学生も参加しました。

まずは伝言ゲーム。

日本語の短い文章を次の人に伝えます。

「雨がザーザー降ってきて、くつがびしょびしょ」

ザーザー?びしょびしょ?学生たちはジェスチャーも加えて一生懸命伝えます。

変な文章になってしまったチームもありました。

次は、ジェスチャーゲーム。

日本語で書かれたお題をジェスチャーで仲間に伝えます。

「ふじさんをのぼる」「にがいコーヒーをのむ」

どうしたら伝わるか?難しいですね。

「こたえをあわせましょう」ゲームでは、

「クリスマスに食べるものは?」「あかい食べ物は?」

みんなで答えがあうように書きます。

ちょっとズルをしているチームもありましたが、盛り上がりました。

日本語の練習もしっかりできて、学生同士の仲も深まる課外活動となりました。

日本語学科その他の活動 >>>

その他

【留学生を就職させる】7社合同企業説明会&面接会を行いました
上田市土屋陽一市長 専門学校長野ビジネス外語カレッジを視察
【留学レポート】 4週間で、スピーキング力とリスニング力がすごく上がりました