【授業紹介】Academic Grammarで基礎固め。わかった「つもり」を脱却!

今回は英語キャリアコース担任の有馬先生の授業をご紹介します。

【名前】有馬 都(ありま)先生
【出身】新潟県新潟市
【経歴】商社で社内通訳・翻訳。アメリカ赴任も経験。翻訳会社を経て、フリーランスで翻訳やビジネス通訳・翻訳者として活躍。大学時代にカナダ1年留学。
【趣味】ジョギング、散歩、読書、YouTubeで癒し系動物の動画を見るのも好き。

私の授業:Academic Grammar

「えっ、こんな基礎から!?」というくらいベーシックな内容を一つ一つ学び直していきます。分かっている「つもり」の内容も、改めて学びなおすと新しい発見がたくさんあります。

洋書のテキストですので、Readingのスキルアップにもなります。

ちまたには「文法なんて知らなくても英会話ができる!」等の釣り文句があふれています。 確かに、ガチガチに英文法を勉強する必要はないかもしれませんが、きちんとした英語を使いこなすためには、最低限の文法は必要です。「知っている文法」を「使える英語」につなげていくような授業にしていきます。

心がけていること

例えば、久しぶりに会った友達に、みなさんは何と声をかけますか?「元気?」と聞きますか? それとも「元気だった?」と言うでしょうか?「現在完了」を勉強すると、その違いがはっきりします。「have+過去分詞」として暗記するのはつまらないかも知れませんが、どんなシーンで使うことができるのかを考えると、楽しくなります。単なる知識の習得ではなく、使うことを意識するよう、心がけています。

学生に言われること

「基本からやり直してもらえるのでありがたい」という声を聞いています。授業の内容上、どうしても講義形式になりがちなので、なるべく参加型にして「眠く」ならないように努力しています。

学生に伝えたいこと

使えない状態で知識を積み上げても意味がありません。「使う」ことを意識して学ぶこと。私自身も常に意識して勉強しています。


Webオープンキャンパス~英語学習法~有馬先生による特別講習(10/2開催)>>

英語キャリアコースの学び >>

その他

留学生は大都市よりも地方に就職のチャンス!校内企業説明会 報告
【学生の声】9カ国のクラスメイトと楽しく学んでいます
10/2(土)Webオープンキャンパス特別講習!英語学習法教えます