【授業紹介】長野の魅力を再発見!観光マップや旅行プランを作成する地域観光の授業

今回は観光ホスピタリティコース担任の白井先生の授業をご紹介します。

【名前】白井 諭(しらい)先生
【出身】福井県福井市
【趣味】サイクリング、将棋二段

私の授業:地域観光

地域観光は長野県内の観光地や特産品について学ぶ授業です。
授業内では、観光マップや旅行プラン、観光地の動画作成などを行っています。

2020年6月に長野県上田市にある塩田平が文化庁より日本遺産に認定されました。
NBLはこれからSNSなどを通じて学生目線で上田の魅力を伝えていくことが期待されています。なので、上田市の生島足島神社などを実際に見学し、知識を深めたりもしています。

先生が心がけていることは?

知識を詰め込むだけではなくて、学んだことをアウトプットできるような授業を心がけています。将来、ホテルや観光業界で働くことになったときに役に立つものを取り入れています。

学生の声、よく言われること

学生からは、体験できるから面白いと言われます。長野の特産である「おやき」を食べたことがない留学生が多かったので地域観光の授業でおやきを買いに行ったことがあります。食べたときの反応はまちまちでしたが、実際に体験してみることも「学び」だと思います。

観光ホスピタリティコースにどんな学生に入ってきてほしいか

2年間、NBLで学んだ学生が社会に出た時に即戦力となる人材を育成できるようなコースにしていきたいです。なので、本気でホテルや観光業で活躍することを希望する学生に入ってきてほしいです。

学生に伝えたいこと

学生時代は長いようであっという間に終わってしまうので、将来のために今の自分に何ができるか何をしなければならないかを考え、充実した学生生活を送ってほしいと思います。

観光ホスピタリティコースの学び>>

その他

【目標は大学編入!】小澤郁哉のNBLダイアリー②リスニングと単語の勉強法
10月29日までエントリー可能!AO入学「入学前事前学習」ご紹介
大学編入とは?浪人せず専門学校から大学を目指すという進路選択