TOP / キャリアサポート / 卒業生の活躍 / 長野県の温泉街で活躍する卒業生たち

長野県の温泉街で活躍する卒業生たち

長野県は世界に誇る観光資源や国際的なリゾート地がたくさんあります。
グローバルな視点でホスピタリティあふれる人材を輩出するNBLでは、県内各地の観光拠点と連携したキャリア指導も行っています。
ここでは長野県北部の湯田中渋温泉郷の渋温泉で活躍するNBLの卒業生の様子をご紹介します。

渋温泉 古久屋

渋温泉 古久屋
小根澤 恵理子 様

当旅館では、約3年前から外国人スタッフを雇用していますが、国籍に関係なく、日本人スタッフと同様に接しています。皆日本語はうまいのでコミュニケーションの問題はないですし、英語対応もしてくれるので、積極的に外国人のお客様をお呼びできるようになりました。

春蘭の宿 さかえや

メッセージ
Nguyen Thi Lan Huong さん
(ベトナム)
国際コミュニケーション学科
2018年3月卒業
東京早稲田外国語学校 出身

渋温泉で働いているベトナム人は私一人ですが、NBLの卒業生や日本人の皆さんと家族のように過ごしています。私の仕事は、厨房で料理の味付けから盛り付けまで行っています。インカムを通じてオーダーが入ってくるので、日本語を話す力、聞き取る力が必要です。また仕入れやメモを書く力も必要です。学校では勉強しない専門用語も使います。私は今も毎日やったことや重要課題を手帳に書いて、勉強を続けています。

春蘭の宿 さかえや
代表取締役
山ノ内町議会議員
湯本 晴彦 様

Huongさんは今年3年目。当旅館で初めての外国人スタッフでした。はじめはいろいろな業務を経験してもらい、現在は一番適正のある厨房で働いてもらっています。勉強熱心で向上心があり、休日や休み時間、業務時間前に料理の練習をしたり、毎日手帳を書いたり、努力を続けています。仲間を気遣う姿勢もすばらしく、他の人の見本になる存在です。いつまでもさかえやで働いてほしいと願っています。

渋温泉旅館組合からのメッセージ

株式会社ヤドロク 代表取締役
渋温泉旅館組合 副組合長
石坂 大輔 様

NBLの卒業生たちは現在湯田中渋温泉郷の各旅館で楽しく働いております。単に働くだけではなく、外国出身という視点から、今後のプロモーションに関して様々なアドバイスもくれる頼もしい人材です。今後は旅館の中核人材として他の人を引っ張る立場になっていくことを期待しています。

渋温泉就職キャラバンを実施

2021年秋、渋温泉で働きたいNBL生が現地を訪れ、いくつかの旅館をまわり見学、説明をしていただく就職キャラバンを実施しました。今回は10名の学生が6つの旅館でお話を聞かせていただきました。どの旅館もとても丁寧に仕事内容などを説明してくださり、学生の就職意欲が高まりました。
以前にもこのキャラバンで双方のマッチングが行われ、学生の就職につながりました。お互いのことをよく知った上で就職試験を実施することができるのが双方にとって納得のいく就職につながっています。

渋温泉と周辺のおすすめポイント

渋温泉で人気の9つの外湯めぐりは、渋温泉に宿泊した人のみ利用できるお楽しみ。

地獄谷温泉のスノーモンキーは日本人以上に外国人観光客に人気。その多くは最寄りの渋温泉に宿泊し、マルチリンガルのNBL卒業生がおもてなししています。

足をのばせば世界的に有名なスキーリゾート志賀高原があります。

橋を渡ると、まるで昭和にタイムスリップしたような渋温泉。長さ600mの温泉街には、30の旅館があり、9つの外湯も楽しむことができます。フォトジェニックな石畳の小径には、また戻ってきたくなる魅力があります。