TBL並河校長ブログ
みなさん、こんにちは。TBL校長の並河です。
今回より、校長ブログと題して、様々なテーマで執筆していきたいと思います。

初回のテーマはずばり「グローバル人材」です。

TBLは「私たちはグローバル人材を育成するインターナショナルな専門学校です。」と学校の基本理念として掲げています。
グローバル人材についても「自国の言葉、文化、習慣を理解し、尊重しつつ、国境を越え、世界を知り、相手との違いを理解し、認め合い、そのコミュニケーション力を駆使して様々な舞台で社会に貢献できる人材です」と定義付けています。

私はこれまで80カ国以上の国々を訪問し、通算16年間、イギリスで暮らしたこともあります。
もちろん、英語でコミュニケーションもしますし、TBLにも20カ国以上の学生が常時、在籍しています。TBLが所属するISIグループ全体では60カ国に及びます。

毎日、様々な国の方と話をしますが、私は本当にグローバル人なのでしょうか?


私が世界を経験してきたこと、見てきたこと、もちろん貴重なことですが、それだけではグローバルな人とは言えません。
英語は世界で幅広く、使える言語ですが、英語圏の国の方が、全てグローバル人だとは言えないでしょう。では、グローバル人とは何か。
先に述べた定義から、更に少し具体的なイメージにしてみましょう。

私が「この人は本当にグローバル人だな」と感じる人はもちろん、これまでの道のりで多く出会ってきました。
彼らに共通することは、他者を理解しようとする姿勢が強いこと、その為に言語を含めて学ぶ姿勢が強いこと、そして、何より自らの国(複数のこともある)や仲間を大切に思っていることです。その上で自国と世界をどう結びつけて行くかに思慮深く、そして懸命です。広い視野で自国を大切に思い、世界の健全な発展を願っている人だと感じます。

次回はグローバル人の一歩である、【言葉】について触れていきたいと思います。

その他

TBLの先生ってどんな先生?~第2弾~
6/3~6/5 『外国人学生のための進学説明会』に参加しました
5/19 せかいのことばパーティin 池袋 第13回が開催されました