TBL-校長ブログ

【校長ブログvol.2】言葉を学び、世界を知る

みなさん、こんにちは。TBL校長の並河です。
前回から始まりました校長ブログ、今回もぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

第2回目のテーマは「言葉を学び、世界を知る」です。

言葉はグローバル人の一歩であることは言うまでもありません。
各国を訪れた時、まず、その国の挨拶を覚えることが基本であると思います。
言葉を学ぶことは技術のみではなく、文化、考え方そして心を学ぶことに繋がります。言葉の成り立ちやよく使われる表現からその国らしい考え方がわかることもたくさんあります。


他の国の文化を学ぶことに謙虚であり、熱心であることも、グローバル人の大事な在り方だと思います。私も何人かの欧州の方から、日本文化の見方や奥深さを教えていただきました。他国文化を理解する努力は自国文化をより理解する大きな助けとなります。こういった自らの人生を豊かにする出会いは、やはり英語あるいは多言語コミュニケーション力なくしては広がらないように思います。
世界で知識や様々なアイディアを持っている人々が、英語を介して交流するということは間違いなく今日のスタンダードなのです。

TBLの学生にいつも伝えているのは、「世界を知る」、できれば自分で見ることである。身近なクラスメートたちから、まず世界を知る。そして出かけていく、世界を実感することはやはり人生を素晴らしくする。 ロンドンやニューヨークのビジネス街の息吹を、サウジの果てしない砂漠の広がりを、壁のような天山山脈を若き日々に出会い、魂を震わせてほしいです。そのために自分の目と言葉で出会うことができる力を付けてほしいと願っています。

TBL/ISIグループは日本でも稀有なグローバル環境を作り出しています。ここに出会い、グローバルな環境に身をおいた皆さんは、貴重な第一歩を間違いなく踏み出しています。
まず、TBLのドアをノックすることが、グローバル人になる極めて有効な入口のひとつであることは、私の経験からも間違いなく言えることです。

次回からは、様々な国で出会ったことやグローバル社会で感じたことをシリーズでお伝えさせていただきたいと思っています。

その他

【入試情報】AO/社会人/留学生各種出願受付中
インターナショナルな「友達の輪」を広げるチャンスがいっぱい!
今年も盛り上がりました!TBL祭2019!