TBL生、おもてなしインターンシップを体験する!

夏休みシーズンも終わり、いよいよ9月。
みなさんは、充実した夏休みを過ごされましたか?

TBLは、9月下旬まで夏休み中ですが、TBL生の中にはインターンシップに参加したり、有意義な夏休みを送っている人もたくさんいます。

今日はそんなTBL生たちの中から西武ツーリストインフォメーションセンター池袋でインターンをしている学生の姿をご紹介したいと思います。

ちなみに、

TBLのインターンシップ制度とは?


実践的な学びを目指すTBLでは、実際に職業を体験できるインターンシップは学生にとってこの上ない学びの機会であると考えており、その機会拡充に力を入れています。これまでにも東京都の英語村「Tokyo Global Gateway (TGG)」でのインターンシップや、病院でのインターンシップ、IT企業でのインターンシップなど、企業にご協力いただき、様々なインターンシップの機会を提供してきました。

西武ツーリストインフォメーションセンター池袋でのインターンシップとは?


西武鉄道株式会社様が設置する西武ツーリストインフォメーションセンター池袋において、訪れる利用者や観光客に、日本語、英語、母国語などを使って、西武線のお得なきっぷを発売したり、沿線の観光地案内、池袋駅周辺の道案内などを担います。

インターンシップは誰でもできるの?


TBLには、デジタル・ビジネスコース、グローバルビジネスコース、英語ホスピタリティコース、日中医療通訳コースの4つのコースがあります。今回インターンシップに参加した学生は、国際コミュニケーション学科の学生でしたが、グローバルビジネス学科の学生も参加可能です。
参加にあたっては、学内での選考および西武鉄道株式会社様が定める英語力や資質を満たしていることが必要となります。

インターンシップをやるメリットって?


教室で学ぶことは、原則、基本。
でも、実社会では、マニュアル対応だけでは対応できない、思いがけないことや想定外なこともたくさん起きます。そういったケースを経験し、実際に対応することで、より現実的な知識・スキルを身につけられたり、応用力をみにつけられる、というところがインターンシップを体験するメリットではないでしょうか。

実際インターンシップを経験してみて?

サキャ・ソニヤさん
ネパール出身、
国際コミュニケーション学科英語ホスピタリティコース

何でこのインターンシップに参加してみようと思ったのですか?


もともと日本のホスピタリティを学びたくて日本に来たので、日本語を使って、観光客や利用者と触れられるのは、よい経験になると思い、応募しました。このインターンシップで日本語力と日本のビジネスマナーをみにつけ、就職活動や将来の仕事に生かしたいと思っています。

インターンシップのどんなところが楽しいですか?


お客様からは道や目的地への行き方を聞かれることが多いのですが、最初はきちんと答えられず大変でした。でも、先輩たちが助けてくれて、知識が身につき、徐々に答えられるようになってきたので、楽しいです。

始める前と始めた後で変わったことはなんですか?

前は、日本人の人と話す機会がなくて、自分の日本語にも自信がなかったけれど、このインターンシップを始めて、日本人や色々な外国の人と話すようになって、自信をもてるようになった。

将来の夢はなんですか?


TBLとこのインターンシップでみにつけた日本語力やスキルを生かして、日本のホテルや観光系の企業に就職したいと思っています。

張肯さん
台湾出身、 国際コミュニケーション学科日中医療通訳コース

何でこのインターンシップに参加してみようと思ったのですか?


私は、今専門科目と日本語を学んでおり、このインターンシップでは、その学んだ日本語を実際に使ってコミュニケーションをとれるところ、日本の接客マナーを学べるところに魅かれて応募しました。

インターンシップのどんなところが楽しいですか?


一緒に働いている仲間やお客様と日本語や英語を使ってコミュニケーションできることや、西武線沿線の観光地や西武線路線などについて学べるところが楽しいです。わからないことも、先輩たちが優しく教えてくれるのがありがたいです。

インターンシップをしていて大変なことはありますか?


まだまだ、知識や気配りが足りないことがあるので、そこは大変です。
例えば、ある場所に行くのに、外と地下を通るルートがあり、雨の日だったら、濡れずに済む地下のルートを案内すべきなのですが、外のルートを案内してしまって、後で、ああすればよかったと思うことがあったりします。

インターンシップ中、TBLで学んだことは役に立っていますか?


TBLでは、日本語の授業やビジネスマナーの授業で、敬語を学んだり、接遇などを学んだりするのですが、それがとても役に立っています。

今回インターンシップに参加させていただいている留学生2人に話を聞きましたが、将来の夢に向かって、せっかくいただいた機会をフル活用している姿が本当に頼もしかったです!ぜひインターンシップ体験で得た知識・スキルを生かして、夢を実現して欲しいなと思います。

また、今回インターンシップという貴重な機会をいただき、また取材にご協力くださった西武鉄道株式会社のみなさま、ご協力ありがとうございました。

その他

SDGsまちづくりワークショップを福島県の中学生に実施しました
大学から専門学校に進路変更?進路に悩む高校3年生がやるべきたった一つのこと
海外大学編入・学士号取得プログラム説明会レポート
海外大学編入・学士号取得プログラム説明会レポート