英語力が不安…
費用が心配…
私でも留学できる?

留学してみたいんだけど、英語力が不安…
英語ができないと留学できないですよね?
そんな質問を受けることがよくあります。

英語を話せないと本当に留学できないのでしょうか?
答えは、「NO」
留学と一口に言っても、様々な留学形態があり、留学にあたり高い語学力を求められるものから、初心者が参加できるものまで様々です。

そこで今日は、どんな留学があるのか、どれくらいの英語力が必要なのか?などについてお伝えしていきたいと思います!

目次

どんな留学があるの?

上でも述べましたが、留学と一口に言っても、気軽にできるものから念入りな計画・準備が必要なものまで様々なものが。

そこで、実際どんな留学があるのか、主なものををいくつかご紹介したいと思うので、ぜひみなさんの留学選択に役立てていただければな、と思います!

1-1. 正規留学

学位や卒業資格を取ることを目的に、海外の高校、大学、大学院などに留学を一般的に「正規留学」と呼びます。
現地の学生と同じように英語もしくは留学先国の言語で授業を受け、課題をこなさなければならないため、入学にあたっては高い語学力を求められます。
ただし、事前英語準備コースなどを提供している大学なども多いので、語学力が不十分であっても、正規留学ができないわけではありません!

ちなみに、 気になる費用ですが、期間が1年以上の長期の留学となるため、250万円~350万円/年(学費+寮費)程度が一般的。
ただし、留学する国や地域、大学によっても異なるので、そういった面から留学先を選ぶのも一つの方法ではないでしょうか。

また、留学先の国や大学が給付型の奨学金を設けていたり、民間団体や公共団体が留学する人向けの奨学金を提供していたりするので、そういったものも探してみると夢の実現に一歩近づくかもしれませんね!

1-2. 交換留学・学部短期留学

交換留学・学部短期留学は、半年~1年間、英語や留学先国の言語で、 海外の大学や大学院の授業を受講するタイプの留学です。
在籍中の日本の教育機関から派遣されるものもあれば、在籍中の教育機関を休学して個人的に留学するものも。いずれにしても、現地の学生と一緒に学ぶため、参加にあたっては、ある程度の語学力が必要となります。

ただし、正規留学同様、事前英語準備コースなどを提供している大学なども多いので、語学力が不十分であっても、交換留学ができないわけではありません。

費用については、交換留学であれば、日本で在籍している教育機関の授業料と相殺になることが多いため、現地での宿泊費・生活費や渡航費などの負担で留学することが可能です。なお、個人的に留学するケースの場合は、学費+滞在費・生活費・渡航費を自己負担することになります。

1-3. 語学留学

英語や留学先の国の言語を学ぶために、現地の語学学校に留学をします。(大学や、カレッジと呼ばれる専門学校などで語学コースを提供しているケースもあります。)

学校にもよりますが、最短1週間など短期から6カ月以上など長期の留学まで受け入れており、自分の希望に合わせてフレキシブルな留学が可能なところが魅力の一つかもしれませんね。

また、基本的には、入学にあたり英語力の要件などはないので、英語力に自信がない…という方でも留学することができます。(試験対策コース、ビジネス英語、インターンシップつきのコースなど一定の語学力が参加条件になっているものもあるので、ご注意を!)

費用は、留学する国や地域、学校などによっても異なりますが、欧米で1年語学学校に通う場合、海外の大学に進学するのと同じくらいの費用がかかることもあります。

最近は、フィリピンなど欧米に比べるとかなりコストを抑えて、英語を学べる国もあるので、留学費用を抑えられる国を探してみるのもよいかも!


他にも夏休みに、あこがれの海外大学で英語で専門科目を学ぶサマースクールだったり、サーフィンや料理など、英語+αを体験できる留学だったり、インターンシップを体験できる留学だったり、と、一口に留学と言っても、様々なものがあります。

どの留学がよいのか、は、自分の英語力、予算、興味、ゴールなどによって人それぞれだと思いますが、英語力が…、予算が…とあきらめずに、方法を探ってみることが留学を実現する第一歩かな、と思います。

Group Of Students Attending Graduation Ceremony

2. TBLでは、どんな留学ができるの?

さて、TBLは、様々な国・地域からの外国人留学生が学んでおり、普段の学校生活も「私、海外留学しちゃってる?」と錯覚するような環境ですが、やはり実際に海外に出て、自身で海外の文化や交流を実体験して欲しいという思いのもと、様々な留学制度を用意してます!
なので、自分の予算や興味などに応じた留学をすることが可能!

じゃあ、一体どんな留学ができるのか?
早速、TBLの留学制度を紹介していきたいと思います。

2-1. 単位認定留学

TBLの英語ホスピタリティコースには、単位認定語学留学制度があります!
これは、1年次の9月~12月の約3カ月間で、英語そして異文化を学んでくる留学制度。英語初心者でも留学可能ですし、留学期間はTBLの就学期間に含まれるので、卒業が伸びることなく留学できるのが特徴です。

ちなみに、留学先は、アメリカ本土、ハワイ、イギリス、オーストラリア、カナダ、マルタの提携校から選ぶことが可能で、留学カウンセラーと個別に相談しながら、留学先の選定を行います。

2-2. セブ・シンガポール留学

グローバルビジネスコースには、フィリピンのセブ島とシンガポールの2ヵ国に留学する「セブ・シンガポール留学」制度があります。

こちらも単位認定留学となるので、卒業が伸びることなく留学できること、また修了者は、日本の専門士の資格とシンガポールのディプロマという資格の2つの資格がとれるのが特徴。

1年次の2月・3月は、フィリピンのセブ島で英語をびっちり学び、2年次の4月から翌2月までは、シンガポールの高等教育機関MDIS(Management Development Institute of Singapore)でアカデミック英語と、英語でビジネスを学びます!

この留学のもう一つの特徴は、この留学で、専門士とディプロマを取得した方は、さらにもう1年~2年(選択するコースにより異なる)の留学で、海外大学卒業資格(学士号)を取得することができる点ではないでしょうか。
つまり、TBL入学後、最短3年で海外大学卒業資格(学士号)がとれてしまうのです!

2-3. 交換留学

TBLには、交換留学制度があります。
留学先は、ハンガリーの大学。

ハンガリーってどこ?ハンガリー語できないし…と思ってしまうかもしれませんが、授業は英語で行われるので、ご安心を!
オーストリアのお隣にある国で、その首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称されるほど美しい街並みで有名です!

交換留学制度では、提携先の大学に半年~1年間留学し、英語を学ぶのではなく、英語でビジネスや観光などの専門科目について学びます。

留学中は、英語でエッセイを書いたり、プレゼンをしたり、ディスカッションをしたりするので、参加するにあたって、ある程度の英語力が求められますし、少しチャレンジングかもしれませんが、英語を常に使って勉強するので、英語力の向上はもちろんですが、専門知識やプレゼン、エッセイライティングのスキルなど、がんばった分得るものも大きい留学かもしれませんね。

ちなみに、学費は、TBLの学費と相殺なので、現地での滞在費(渡航費、諸費用を含む)のみで留学することができるのも魅力です!

2-4. 海外大学編入「2+2」

海外の大学に進学したい、という方には、TBL卒業後に、提携している海外の大学へ編入する「2+2」制度はいかがですか?

現在、オーストラリア、イギリス、ハンガリー、アメリカに提携校があり、その中から選んで編入をすることが可能。

海外の大学に進学するには、英語力が…、最初から海外の大学に進学は不安…、海外の大学に進学したいけど、費用が…、なんて悩みを持つみなさんのお悩みを解決する制度です。

また、TBLの海外大学編入制度「2+2」なら、様々な国からの留学生とともに学ぶTBLで、語学力や異文化理解力を磨きながら、留学準備ができる上、3~4年の留学を2年に短縮できるので、コストを抑えて学士号取得を目指すことができます。

TBLの海外大学編入「2+2」制度に興味がある!という方は、ぜひこちらのブログもご覧くださいね!

3. まとめ

さて、今回のブログでは、様々な留学制度をご紹介してきました。

英語力に自信がない…、費用が不安…、どんな留学が自分にあっているのかわからない…、などなど、留学にまつわる不安は様々ですが、今回のお話がみなさんの留学の夢実現への一歩になっていたらうれしいです。

また、コロナ禍もあって、なかなか留学が難しいご時世ですが、TBLでは、留学したいみなさんができるだけ希望を叶えられるよう様々な対応をしています。進学も留学もしたい、そんなみなさん、ぜひお気軽にご相談くださいね。

その他

海外大学編入学
専門学校から海外大学編入学を実現した先輩に聞く③(最終回) ~「海外大学でビジネスを学ぶ」ことをインタビューで徹底解剖してみた~
デジタル・ビジネスコース「情報リテラシー」授業って?
海外大学編入学 英語勉強法
専門学校から海外大学編入学を実現した先輩に聞く➁ ~海外大学に編入学するまでに●●をやって英語力を伸ばしました!~