こんにちは。東京ビジネス外語カレッジ入試広報センターです。

 

私たちは日々、東京ビジネス外語カレッジに入学を検討してくださっている生徒さんとお話させていただき、TBLの魅力をお伝えする仕事をしています。

「専門学校ってどんな勉強をするのかな?」

「将来何がしたいんだろう?」

 

など、コロナ禍でなかなか情報収集が進まなかったり、将来について不安に思っている方が多くいらっしゃいます。そこで、私が実際にTBLの授業を体験したリアルな情報をこちらでご紹介したいと思います!皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

前回に続き(⇒前回はコチラから)、今回で3回目となる、2021年4月に新規開講となった「デジタル・ビジネスコース」を体験してきました。

 

【授業:情報リテラシー】

情報リテラシー…「情報技術を使いこなす能力」と「情報を読み解き活用する能力」を指す。適切な情報を収集し、収集した情報を自身の目的のために正しく利用するための能力。

 

この「リテラシー」という言葉、英語がわかる方には逆に意味が伝わりづらい気がしますが、最近よく使われるようになった言葉です。ITリテラシーやメディアリテラシーのように、分野ごとの知識や理解、活用する能力を指して使われることが多いようです。カタカナ語って新しく増えていくし難しいですよね…。

 

さて、そんな今回の情報リテラシーの授業はオンラインで授業に参加してみました。

 

最近ではもう一般的なツールとなった、テレビ・web会議ツールzoomを使用しての授業です。指定されたURLを開くと先生の顔も資料もよく見えて、本当に教室にいるのと変わらない感覚。

 

この日はインターネットが欠かせない私たちにとって身近な「衛星通信」や「IPアドレス」のお話から。

 

(聞いたことはあるけど、なんだっけ?)

 

こんなレベルの私にもわかるように、先生は丁寧に教えてくれるので、いま同じように不安になった方はどうぞ安心してください!!難しい専門用語も具体例を挙げてわかりやすく解説してくださいます。

 

(よくニュースで海外と中継をつないでいるときに声が遅れるのは、これが理由だったんだ)

 

また、IPアドレスを理解するために必要となるのが「二進法」。

 

(ああぁぁ…なんだっけ?0と1を使うことは何となくわかる…)

 

遠い記憶を必死に遡る私。。。学校での勉強なんて将来役に立つのかと疑った時期もありましたが、こうやって役に立つんだなと実感。

 

という、こんなレベルでも大丈夫!クラスの学生たちのレベルも「すみません、もう一度説明をお願いします」という人から「こんな基礎知識、説明しなくてもわかってるよ」という人まで様々。

 

余裕がある人は一歩踏み込んだ質問をしたりしていました。そしてIPアドレスを知って何ができるのかというところまで授業は展開していきました。

 

なんとなく「ITに強くなりたい、学んでみたい」と思っている人は多いかもしれませんが、ITにも様々な分野があります。

 

自分は知っていると思い込んでいることでも、専門的に学んでみると実はそこまで深く理解していなかったということもあると思います。そういった新たな発見ができることも、専門学校での学びの魅力のひとつではないでしょうか。

 

勉強は苦手だけど、興味のある分野を深掘りするのは得意!という人にも、こういった学びは向いているかもしれません。自分に合った学び方をぜひ見つけてほしいと思います。

 

ピンときた方は、ぜひ一度、学校説明会までお越しください。(オンラインでも来校でもどちらでもOKです。) 

その他

海外大学編入学
専門学校から海外大学編入学を実現した先輩に聞く③(最終回) ~「海外大学でビジネスを学ぶ」ことをインタビューで徹底解剖してみた~
英語力が不安…           費用が心配…           私でも留学できる?
海外大学編入学 英語勉強法
専門学校から海外大学編入学を実現した先輩に聞く➁ ~海外大学に編入学するまでに●●をやって英語力を伸ばしました!~