東京ビジネス外語カレッジの学生ブログでの自己紹介

将来の夢が曖昧でよかった!? 夢がなかったから選択の幅が広がったイルカです

「将来の夢が曖昧で良かった!」

こんなことを聞くと、えっ???反対じゃない???
と思いますよね。

  

ブログに遊びにきてくださってありがとうございます!
イルカといいます。

  

映画と運動が好きで紅茶の飲み比べにはまっている、どこにでもいる学生です。

  

高校生の時の私は、将来の夢の宿題で
周りのクラスメートはなりたい職業、夢がある中
「海外で仕事できたらいいな~」という曖昧な夢しかありませんでした。

  

実際どんな高校生だったかというと英語は得意なほうではなく
自分の意見が言えない、周りの意見に流されやすい、、、

  

かなえたい夢にかなえるための能力が伴っていない、

  

海外に行ったら真っ先に淘汰される存在が私でした。

  

しかし、
今ではネイティブの先生の授業はなんなく聞き取れ、
海外大学進学を目指してマーケティング×英語の勉強を頑張っています!

  

自分の夢をかなえるには
もう少しかかりそうですが……

  

自分の夢実現のため、海外でも通用する人材になる!
TBLで学んでみて、だんだんと近づいてきたのかな、と実感しています。

  

私の人生の転換点

高校の時の私は英語、数学が苦手でした。
英語を話すことは好きでしたが
文法が得意ではなく、1年生の学期末のテストは赤点でした。

  

高校で学ぶ内容はもっと本格的な英語で、
海外でも通用するものだと思っていましたが、

  

机に向かうばかりで、話す機会がほとんどなく
「この勉強で英語を話すことができるようになるのか?」

  

「高校の勉強が楽しくない」
と高校生活は充実していたのに徐々に勉強に向かう気力がなくなっていきました。

  

高校生活の転機はあるとき突然やってきました。

  

ある日、親から封筒を渡されて、中身を見てみると
英語でかかれたカラフルな学校のパンフレットでした。
海外にある高校のパンフレットだったのです。

  

留学を選択しなかった自分と留学した自分
どちらが人生の幅は広がるかを考えて
留学をすることを決意したのです。

  

高校での留学生活

決意して留学をしたものの、私は入学して最初の一週間で絶望することになります。
私は海外の授業スタイルが日本とまったく違うことを忘れていたのです。

  

英語がうまく理解できない段階で
プレゼンの宿題、グループワークでの意見交換、レポート作成

  

単語を覚えるだけのインプット形式ではなく
授業のほとんどが、英語でアウトプットする必要があったのです。

  

言いたいことを言えないことへのストレス
英語が理解できずに授業についていけない
仲の良い友達も家族も近くにいない

  

すぐにホームシックになりました。

  

その場で授業が理解できないので
授業内容をボイスレコーダーでとり

  

家でノートと照らし合わせて復習し工夫しましたが
すぐに授業についていけるようにはなりませんでした。

  

自分の英語力に自信をつけたくて留学を決意したのに……
当時は一日の始まりを知らせる朝のアラームがなるたび
どうしようもない絶望的な気持ちになりました。

  

違うクラスの先生からクラスを変わってみたらという提案があり
クラスを変えてもらいました。

  

状況はあまり変わりませんでしたが、
そのクラスに同じ気持ちをもった人がいて、とても安心しました。

  

それから、分からないところは協力し合い、
切磋琢磨して目の前の課題を一心不乱にこなしていきました。

  

部活にも参加して他の国籍の友達もできて
知っている日本語で意思疎通の努力してくれたり
分からないところを教えてくれたり、

  

クラスメイトにも恵まれたおかげで
楽しい留学生活を送ることができました。

  

高校の留学経験で得たことと、私が伝えてみたいこと

  

洋画を見ていた時
「あれ!? 普通に英語理解できている!」
知らないうちに内容も分かっていることに気づきました。

  

少しづつですが確実に成績も良くなり、
どんどん前向きになっているのが自分でもわかりました。

  

卒業するときには、なんと成績優秀者におくられるメダルを手にすることができ!
挑戦することの大切さを実感し、そのことが自信につながりました。

  

留学して語学を上達させるために必要だったのは、
「英語を話す」環境ではなく
「不安を共有できる友達がいる」ことでした。

  

「海外で仕事ができたらいいな~」
だったら留学経験からやりたいことを見つけてみよう!

  

将来の夢が曖昧だったからこそできた挑戦だったと思います。

  

これからブログを通じて

  

あの時の私が抱いていた
「留学生にしかわからない不安」
「留学したいと考えている日本人の方の疑問」

  

などにお応えしていき、みなさんの力になりたいと思っています。 (イルカ)

その他

対面授業のメリット
対面授業がはじまって分かった、対面授業のメリット
東京ビジネス外語カレッジの英語の授業体験
僕がTBLの授業で得た、英語が上達する3つのひらめき
地方の学生が東京の学校に通うときに感じる 不安〜それでも東京に進学した私の体験〜