対面授業のメリット

対面授業がはじまって分かった、対面授業のメリット

こんにちは、グローバルビジネスコース所属のカエルです。(カエルの自己紹介のページはコチラから)

今回のブログではコロナ禍で入学した学生ならではの、対面授業のメリットなどをお伝えします。

  

入学したばかりの4月の終わりからオンライン授業になって、カエルのクラスは11月末までオンライン授業が続きました。

  

12月に入り完全対面授業になったのですが、他のクラスだとまだオンラインのところもあるようです。

  

高校でもオンライン授業を経験されたかと思いますが、みなさんはオンライン授業、対面授業のどちらが好きですか?

  

カエルは対面授業になると言われたとき

「面倒くさいな」

という気持ちでいっぱいでした。

  

なぜかというと、オンライン授業だと、

たとえ授業開始時間10分前に起きたとしても

余裕で授業の準備ができたからです。

  

ですから、対面授業になると言われたときに

「まじか!?」

と感じてしまったのです。。。

  

これまで経験したこともなかった楽ちんな生活を一度経験してしまうと、

クラスメートと実際に会える対面授業が開始されると言われても「うれしい」という感情が起きませんでした。

  

ああまた、早寝早起き満員電車・・・


対面授業のメリット

対面授業になった今思うことは、

とにかく朝が眠い

  

夜は、「あと3時間で起きる時間だ。(夜更かしすみません・・・)」と、生活習慣が入学したばかりの4月のようには、なかなか戻りません。

  

カエルの印象ですと、4月に比べて今は授業中に眠たそうにしているクラスメートが多くいる感じです。

  

眠たい目をこじ開けて学校に行かないといけない、

この不自由さ

  

対面授業のメリットを見つけないとこれから先やっていけないカエル、、、

  

対面授業の良さは果たしてあるのか?

  

苦悶の果てに見つけたのは、

対面のほうが確実に授業に集中できる

ということです。

  

自分の部屋でオンライン授業を受けていた時は、誘惑ばかりの環境で、特に目の前には寝転ぶことができるベッドがあり、

  

ゴロゴロしたいな

という誘惑がすごくて、どうしても集中が続かない授業も多かったです。

  

これは恐らくカエルだけではないと思います!

  

どうしてかというと、カメラをつけることを強制する授業がほとんど無く、何をしていても先生やクラスメートからは何も見えないからです。

  

かなり自由な環境でした。カエルは比較的真面目に受けるタイプですが(笑)

  

自由は最高に良かったのですが、

授業を真剣に受ける

という点では、やはり集中できた方がいいに決まってます。

  

特に英語の授業

でそれを感じました


英語の対面授業でのメリット

オンラインの英語授業の時は、授業を録画して復習に活用することができる、というこれまでにないオンライン授業ならではの学習が可能でした。(録画があると授業時の緊張感が薄れることもありますが、、、)

  

でも、声の聞き取りやすさ

でいうと断然対面授業です。

  

対面授業に参加して

意外と聞き取れるな

と思うときが多くなりました。

  

書いた英文もすぐに先生に確認してもらえますし

カエルが顔をしかめると先生もカエルが理解していないことをすぐに察してくれるので、

  

英語が苦手なカエルからすると非常にコミュニケーションがスムーズでやりやすいです。

  

そして、クラスメートとのコミュニケーションの取りやすさ

も実感しています。

  

オンライン授業の時はグループワークをする場合、顔出しをせずに参加する人もいたりして、

  

表情も見えないし、話がまとまらないうちにワークが終わったりすることが多くありました。

  

しかし、対面授業で顔を見ながら話すと

ワークもスムーズに進みます


あなたはオンライン派?対面派?

ここまで、カエルの毎朝眠い気持ちを克服するために、対面授業のメリットをブレストしてみました。

  

では、カエルは対面授業に完全に気持ちを切り替えてガンガン行けるの?と言われると

  

正直に言うとカエルは、対面授業でもオンライン授業でもどちらでもいいかな、という気持ちです。

  

12月から対面授業がはじまって、また新しい学校生活がはじまった感覚です。

  

4月の対面授業の時に仲良くなった子と、あまり直接話せないうちにオンライン授業になってしまっていたので、

  

12月から改めて、

より仲を深められている

ように感じます。実は、きちんと初めて話すクラスメートも多くいたりします。

  

でも、朝起きるたびに、

もっと寝ていたいな

と思うのですよね。

  

両方の良さを感じたからこそ、どっちが良いとか結論は出さずに、いまある環境を前向きに楽しむ中で、

英語をしっかり学び、クラスメートたちとの交流を深めていきたい

と思っているところです。

  

カエルからのメッセージ

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。こんなカエルのようなゆるい感じで大丈夫?と思った方もいるかと思います。


専門学校は、どちらかと言うと実習中心で実習課題をバリバリこなしていく学校というイメージが強いかも知れません。


カエルのグローバルビジネスコースでは英語とビジネスを学ぶカリキュラムになっていて、就職を目指すだけでなく、海外大学への編入学を目指す人がいたり、日本で仕事をすることを目指す留学生もいたりします。


多様な進路選択がある中で、

一人ひとりに先生たちが向き合ってくれながら、

時にゆるく、時に厳しくカエルたちを導いてくれています。


他の専門学校とは雰囲気が随分と違うかもしれませんが、もしこんな雰囲気に合うかも!と感じた方は、ぜひ一度説明会などをのぞいて見てください。(説明会の案内はコチラ)


みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。(カエル)

その他

東京ビジネス外語カレッジの学生ブログでの自己紹介
TBL在校生が学校情報を取材してお届けする”キャンパスラボ”。取材を担当する学生さんの自己紹介第二弾
東京ビジネス外語カレッジの英語の授業体験
僕がTBLの授業で得た、英語が上達する3つのひらめき
ジョンソンコントロールズ産学連携授業
【産学連携】最先端DX企業のビジネス課題に挑戦!