学科紹介 グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコース

デジタル・ビジネスコース

DX(デジタルトランスフォーメーション)の 時代を支える人材育成。

DXとは生活のあらゆる面でデジタル技術を活用した新しいサービスが生まれ、顧客となる人々の行動様式やサービスを提供する組織文化が変革されることを意味します。
デジタル・ビジネスコースは、現在日本の社会で不足しているDX人材を養成し、これからの社会を支える人材輩出を目指します。

目指す資格
● ITパスポート試験 ● 情報検定(J 検)[情報活用試験] ● Microsoft Office Specialist[Word/Excel/PowerPoint/Access] ● ビジネス能力検定ジョブパス ● 日商簿記検定 ● ビジネス実務マナー検定 ● TOEIC®(選択)

コースの目的

教育界のデジタルトランスフォーメーションの扉を開く。

「変化の早い時代」という言葉をよく聞く。日本の社会や企業はその「変化」に適応しようともがいている。かつて世界の産業の最先端を走っていたのに、いつの間にか追い抜かれ、突き放された世代にとって余力は乏しい。いま日本社会が真に求めるべきものは、変化への適応ではなく、変化を先取りすること、新しい時代の変化を自ら興すこと。そうしたことを主体的にできる人材を育てること。そのために私はこのコース設計に携わることになった。
世界のデジタルトランスフォーメーションは始まったばかりだ。これから起きるさらなる大変化に右往左往するのではなく、それを先取りして、時代をデザインする人材。変化を楽しむことのできる若い人材を生み出す。世界中から集まる生きの良い若者たちが、「変化の早い時代」に必要な基礎知識、思考方法、マインドを身につけ、性別、国籍、人種、文化の制約なく、解き放たれた発想で意見をぶつけ合う。そこに新しいアイデアが生まれ、これからの社会やビジネスをデザインするエネルギーが生まれる。そんな未来を見据えながら、本校は教育界のデジタルトランスフォーメーションの扉を開きます。

居山氏

居山 由彦先生
■ デジタル・ビジネスコース アドバイザー

1977年ソニー株式会社入社。コンスーマ商品の企画からBtoBビジネス、経営企画など幅広い分野を経験。その間、欧州6年、中国4年の海外での企業経営キャリアを積む。EU市場統合、中国のWTO加盟という大きな社会的変化の中で、多国籍の現地人材を率いて事業モデル変革をリードした。その後、ソニーテクノクリエイト株式会社社長を経て退職、組織人事改革やベンチャー支援に注力する。現 よっしゃ!プランニング 代表

デジタル・ビジネスコース3つの柱

デジタルビジネスコース 3つの柱

【デジタルリテラシー】
eコマース、SNS、スマートフォンアプリなど、新しいサービスが次々と生み出されるデジタルの時代を体感する
サービスの開発現場を実際に体験したり、自分自身で新しいサービスを作ってみることでICTを活用したサービスを開発する能力を育成します。

【経営感覚】
経営戦略を学び、課題解決力をはぐくむ
企業で働くにせよ、起業を考えるにせよ、戦略的思考で課題解決にあたる経営感覚が必要です。自ら社会や会社に課題解決策を提言実行できる能力を育成します。

【国際感覚】
多国籍なTBLで国際感覚を養う
英語でのコミュニケーションに限らず、15以上の国と地域から留学生が集うTBLで多国籍の友人との交流を通じて、異文化理解やコミュニケーション力を養います。

カリキュラム

▼ 科目紹介(一部)

情報リテラシー 情報社会を支えるインフラやデジタル技術の基本と発展を習得する。
「プログラミング」の基礎を学ぶ一方で、「スマートフォン」「クラウド」「5G」「AI」などの技術と、それらがもたらす市場の劇的な変革について学びます。
ITビジネスとリスク環境論 デジタル・ビジネスにおけるリスクマネジメント。
ビジネス社会において、リアルとバーチャルの融合が進む中で、その有効性を活用するだけでなくシステムの安定性の担保や個人情報の保護等、リスクマネジメントも必要となります。この科目では、その重要性の理解とセキュリティ対策について学びます。
デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション デジタル・ビジネスのトレンドを実践的に学ぶ。
デジタル技術の発展により生み出される可能性を、ケーススタディやインターンシップを通じて学びます。様々な業界で展開されているデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションがいかに企業価値を高め、社会貢献につながっているのかを実践的に学びます。

▼ 1年次の時間割(例)

1時限 8:50〜10:20 オフィスICTワーク マネーマネジメント 基本情報技術 リテールマーケティング ビジネス英語
2時限 10:30〜12:00 情報リテラシー 経営戦略 基本情報技術 マーケティング ビジネス英語
12:00〜13:00 Lunch Time
3時限 13:00〜14:30 ビジネスマナー ITビジネスとリスク環境論 価格理論
4時限 14:40〜16:10 キャリアデザイン ITビジネス演習

※カリキュラム、時間割は授業内容を充実させるため変更する場合があります。 ※授業は90分で1コマ、間に10分休憩です。

提携先からのメッセージ

今日の社会変化はその加速度を増していますが、デジタル社会の具体的かつ現実的な広がりは正にグローバルなビジネス環境を異次元なものにしています。
TBLが取り組まれるデジタル・ビジネスコースが世界の様々な分野の企業や大学・カレッジ、そしてそれぞれの分野でのビジネスプロフェッショナルを目指す方々に素晴らしいプラットフォームを提供する場として発展していくことを期待しています。
私ども(Sudy & Co., Ltd)も欧州から、そのプラットフォームの展開に積極的に参画していきたいと考えています。

Sudy Zoltan

Sudy Zoltan氏
■ Sudy & Co., Ltd 代表取締役 元駐日ハンガリー大使
長年にわたり日本とハンガリーの様々な分野での交流に貢献。駐タイ大使兼ラオス・ブルネイ大使も歴任。現在も日本・欧州のIT系企業を含む多数の企業のコンサルティングをおこなう。

オーストラリア有数の学生都市メルボルンを有するビクトリア州は世界レベルの教育、研修、研究、最先端の研究インフラを誇ります。州内の6つの大学が国際大学ランキングにランクインし、うち2つは世界トップ100に入っていることからもその教育の質は明らかでしょう。
また、我々は留学生のみなさんが安心して学生生活を送れるよう、情報提供を始め、様々な無料サービスを提供しています。
ぜひ日本人のみなさんにもビクトリア州での学びを体験しにきてほしいと思っています。ここでの学びは、わくわくするような多文化体験に溢れ、日々変化するグローバル社会でのキャリア実現に向けた準備をする絶好の場となるでしょう。
世界で最も活気に溢れた都市のひとつで学びながら、世界をけん引するリーダーとなるチャンスをつかむ第一歩を踏み出しませんか。

Adam Cunneen

Adam Cunneen氏
■ ビクトリア州政府駐日代表