日中医療通訳コース 日中医療通訳選択

医療通訳士として医療現場で即戦力のスキルと資格を身につける。

日本に定住している外国人や、メディカルツーリズムによる訪日人口の増加等で、医療機関を訪れる外国人が増えています。特に中国人の患者数は増加し続けており、中国語を話せる医療従事者の需要が年々高まっています。現場の実情に即した実践的なカリキュラムで、医師と患者をつなぐ医療通訳資格と医療事務の資格取得を目指します。

目指す資格

● 医療通訳士技能認定試験 ● 医療情報事務士 ● 美容通訳士 ● 医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
● ビジネス実務マナー検定 ● JLPT(日本語能力試験)N1
● J.TEST(実用日本語検定)  ● BJT(ビジネス日本語能力テスト)

コースの目的

医師と患者の円滑なコミュニケーションをサポート。

近年、「医療観光の強化」を掲げた日本政府の新成長戦略や、2020年の東京オリンピックに向け、来日外国人患者数は更に増加し、医療の国際化が進むと考えられます。それに伴い、医療現場で日本人医師と外国人患者とのコミュニケーションをスムーズに繋げる医療通訳士への期待が高まっています。 医療現場からのニーズに応え、TBLでは全国の専門学校に先駆け、2014年に日中医療通訳士コースを開設しました。医療知識と異文化理解を習得し、医療通訳士を目指します。 当コースの授業は日本語と中国語両方で行います。教科書だけではなく、メディア教材や人体図なども使って分かりやすく学び、医療通訳者が必要な医学的知識を身に付けます。また、実習教材を用いたロールプレイングや、インターンシップなど実践的で医療現場の実態に即した学びで理解を深めます。その他、医療機関で働くための基礎知識として医療事務の知識やビジネスマナーなど、即戦力になるための知識を身につけます。 学生達と共に楽しみながら奥深い医療通訳の授業を進めていきます。不安を抱える患者を安心させられるような、信頼ある医療通訳士を目指しましょう。

CJmedical-course_ou

王 崇新先生
■ 医療知識/医療通訳 担当
中国天津医科大学大学院医学部卒業後、天津医科大学病院小児科の医師として11年間従事。
1999年来日、順天堂大学院で教鞭を取る。順天堂大学医学博士号取得。

日中医療通訳コース3つの柱

TBL-日中医療通訳コース 3つの柱

【医療通訳士資格】
基礎から学ぶ医療知識
身体や病気についての日中両方の語彙を学び、そこから医療現場における通訳のロールプレイ練習を繰り返し行います。また医療通訳士としての心構えや、社会における役割などについても学びます。2年前期終了時に、医療通訳士技能検定試験を受験し合格を目指します。

【医療事務資格】
メディカルクラークとしての業務を学ぶ
医療機関において通訳業務が日常的にずっとあるわけではありません。そのため、普段はメディカルクラークとして受付や会計業務が行えるよう、医療保険制度や患者接遇マナー、医療費算定方法など、医療事務の資格試験合格に向けた学習を行います。

【異文化理解】
日本の医療現場が求めるサービスを学ぶ
病院事務や医療通訳士として患者さんと接する機会が多く、病院の顔ともなる事務スタッフは、日本独自の医療現場でのサービスを学び、接遇するスキルが必要です。

カリキュラム

▼ 科目紹介(一部)

医療知識基礎 医療知識の基礎理解は、通訳の必須条件。
生物学的な体の理解や、病気の理解、患者の心のケアについても学びます。
これらの知識は、通訳においてその表現を左右する大事な要素となります。
医療通訳基礎/ 応用 患者目線の通訳の基本を身につける。
通訳として必要な基本的なスキルはもちろん、異文化の中で不安を抱えた患者に対してどう接すれば安心して診療を受けられるかといったホスピタリティもあわせて学んでいきます。
医療ツアー/ 美容通訳 医療ツアーのトレンドを学ぶ。
人間ドックや美容整形を受けるツアーが中国や台湾からの観光客のトレンドとなっています。これらのツアー運営に関する知識を学ぶことで卒業後の進路選択の幅が広がります。

▼ 1年次の時間割(例)

1時限 8:50~10:20 医療事務基礎 日本事情 キャリアデザイン 医療知識基礎 薬学基礎
2時限 10:30~12:00 医療事務基礎 ビジネスICT 文書理解 医療知識基礎 医療通訳基礎
12:00~13:00
Lunch Time
3時限 13:00~14:30 医療通訳基礎 医療知識基礎 ビジネスマナー
4時限 14:40~16:10 医療知識基礎 表現研究

▼ 2年次の時間割(例)

1時限 8:50~10:20 医療会計 医療知識応用 キャリアデザイン コミュニケーション
2時限 10:30~12:00 医療翻訳 医療知識応用 ビジネスマナー ビジネスコミュニケーション ビジネスICT
12:00~13:00
Lunch Time
3時限 13:00~14:30 医療通訳応用 医療知識応用 医療ツアー/美容通訳
4時限 14:40~16:10 医療通訳応用 医療知識応用 薬学応用

※カリキュラム、時間割は授業内容を充実させるため変更する場合があります。 ※授業は90分で1コマ、間に10分休憩です。

インターンシップ

実際の医療現場での通訳を体験し、さらに深く学ぶ。

日中医療通訳コースでは、実際の医療現場でのインターンシップを行います(有料・希望者のみ)。普段の授業で学んだ医療の知識を実際の病院の現場で実践します。インターンシップでは実際の中国人患者さんの問診の通訳、人間ドックの検査説明、検査結果の説明等を行います。インターンシップ中はその他、様々な検査や検査結果の作成の見学、疑問点についての質疑応答等もでき、医療通訳士の貴重な現場体験ができます。


インターンシップ受入先からのメッセージ

医学の勉強に一歩を踏み出された皆さんへ。

2016年から国立国際医療研究センターは人間ドックをセンター化しました。以降、中国、ベトナムをはじめ、多くの海外の方が利用してくださっています。当然、たくさんの通訳の方も出入りしますが、研修して学校を卒業したみなさんの先輩たちの礼儀の正しいことに驚かされます。
このことは人と接する仕事であるわけですから、机の上だけで勉強しても身につかないこともあります。学校をでて外での研修をなさるときはぜひ、そうした部分も大事にしてください。
そして、医学を学ぶ一歩は、みなさんは通訳という立場から始められたわけです。僕は医学を内科、消化器内科、消化器内視鏡などから歩みはじめました。
私が小児科の先生や外科の先生の歩まれている道と同じではないように、私と皆さんでは、医学を学んで見える風景は違うものもあるでしょうし、同じものもあるでしょう。確かなことはいずれにせよ一生かかっても医学のすべては学びきれないであろうことです。
その意味で、僕も謙虚な気持ちで臨みたいものです。一緒に頑張りましょう。
医療通訳のその歴史はまだ始まったばかり。皆さんの頑張りの一歩が明日の医療通訳の分野を切り開くも
のとなるよう期待しています。

CJmedical-course_internship-inoue

井上 博睦 氏
国立国際医療研究センター
人間ドックセンター センター長

卒業生の声

医療事務や医療通訳のスキルを学び、医師と外国人の患者さんの橋渡し役に!

私には「医療の専門知識を身につけて、日本の医療機関で働く」という夢がありました。TBLの日中医療通訳コースは、医療の専門知識を学びながら、医療通訳や医療事務など、医療関係の資格取得を目指すことができます。在学中は保険診療の仕組みやレセプト請求の方法、患者さんへの接し方など、広く医療の現場で求められる実践的なスキルを習得することができました。今、私は病床数340床の総合病院で、受付や医療事務を担当しているほか、中国人の患者さんが来院されたときには、医療通訳として医師との橋渡し役も務めています。TBLで学んだ知識を就職先の病院で活かす機会は本当に多く、そのたびに「TBLを選んで本当に良かった」と実感しています。

卒業生インタビュー

郝 婷婷さん(中国出身)
立正佼成会附属佼成病院 勤務(医療事務・通訳)
国際コミュニケーション学科 卒業