TOP / 地域密着・体験型プロジェクト

地域密着・体験型プロジェクト

机の上だけじゃない学びを!

授業でビジネス理論の本を読むだけではなく、「実践的な学び」をグローバルビジネス学科では大切なものとして考えています。地域ビジネスの取材、目的にあわせたチラシやプロモーション動画の制作、企業研修などのリアルな体験に、学生たちは熱心に取り組んでおり、それぞれの成長につながっています。

取組例01 焼き鳥屋さんをPR


学校の近所にある焼き鳥屋さんから「お客様を増やすための提案をしてほしい」というお話をいただきました。授業時間に学生たちで情報収集に伺い、まず取り組んだのが敷地内に貼るポスターと目立つ看板づくりでした。このプロジェクトは現在も進行中です。

取組例02 地域観光マップ作り


NBL の周りにあるお店を紹介する地図を制作しました。チームごとに手分けしてレストランや小売店を取材し、ポイントをまとめました。22 店舗が掲載された、観光に役に立つ地図が完成しました。

インターンシップ研修

夏休みや冬休みになると、多くの学生は軽井沢や菅平高原など長野県内のホテルでインターンシップを行います。観光ホスピタリティコースの学生は、インターンシップは必須になります。このインターンシップの経験は、就職活動に役立ち、また社会に出てすぐに活躍できる人材に成長させてくれます。

講師紹介

石田 浩也 先生

合同会社ライトハウス・キーパーズ 代表社員
NPO 法人コミュニティビジネスネットワーク長野 理事長
長野ビジネス外語カレッジ グローバルビジネスコース 非常勤講師


フィールドワーク型の授業を通じ、地域の戦力となりうる「人財」を育てたい。

私の授業ではフィールドワークを多く取り入れています。学校周辺のお店をリサーチし、パンフレットや動画を制作したり、学校PR プロジェクトの実施、また中山間地域を訪問し、地域の方との交流なども行っています。机上ではなかなか得られない社会経験、例えば「一つの目標をチームとして達成する」「与えられた役割を全うする」「自分が手を抜くと仲間に迷惑がかかる」などを体験してもらいます。

今後、クラスで模擬会社を設立したいと考えています。マーケティングや財務の授業で学んだことを取り込みながら、「どうやって会社を作るのか?」「どうやれば儲かるのか?」などを実感できる場を作りたいです。

NBL は、他の学校にない「自由さ」が最大の魅力であり、何より学生たちの笑顔が最高です。一律的な人間形成ではなく、形にはまらず個性を発揮できる環境が、ここにはあると感じています。その「自由さ」から生み出される発想や創造力を、卒業後の社会で活かせることを期待しています。

TOPICS

上田市塩田平が日本遺産に!

2020 年6 月、長野県上田市にある塩田平が文化庁より日本遺産に認定されました。日本遺産は、歴史や地域の風土に根ざした伝承、風習などを踏まえたストーリーを認定するもので、山々に宿る龍神と密接に関わってきた上田の人々のストーリーが認定されました。

同年9 月には、上田市教育委員会が発足した「日本遺産推進協議会」にNBLも専門学校として初めて参加。SNS などを通じ、学生目線で上田の魅力を伝えていくことが期待されています。

グローバルビジネス学科では、授業の一環としてPR 企画を考えたり多言語チラシを作成するなど、日本遺産を通じた地域観光の振興に貢献していく予定です。